子どもの発想は優しさに満ち溢れ

入園したてのKくん、自分の持ち物持つのがいやで、手ぶらで山に行こうとして子どもたちに注意され、それでも持たずに行こうとし。

しかし風りんりんも子たちもさすが! 簡単に持ってあげようとはしない。

スポンサー広告




「なんじゃかんじゃ」とKくんを説得するも10分、なんとKくんは自分のリュックを持たず山に登りましたが、Kくんのリュックも無事山を登りました。

Kくん、自分のリュック持つのが嫌なら私のと交換しよう」という女の子の提案でKくんはすんなり交換してその子のリュックをしょいましたとさ。子どもの発想はすべてが驚きと優しさに満ち溢れています。

感動!!

あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページのトップへ