私たち風りんりんについて

森のようちえんとは

デンマークで一人のお母さんが近所の子供を連れて毎日森へ出かけたことが始まりと言われています。その後、ドイツを初めとしたヨーロッパ全体に広まり、現在日本でもその土地の特性を活かした様々な森のようちえんが活動しています。『森のようちえん』と言っても森に限らず、里山、河、畑、野原、海などその土地にある自然体験をできるところすべてがフィールドとなります。

風りんりんとは

2015年4月、鳥取市宮谷に開園。毎日鳥取市内14か所のフィールドに出かけて行き、「自然保育」「見守り保育」の理念のもと、「育てる」ではなく「育つ力を見守る」保育をしています。「鳥取・森のようちえん・風りんりん」は、2015年3月から県の認証を受けて活動しています。

風りんりん設立のきっかけ

夫のUターンについて東京から鳥取に移住した徳本敦子が、「鳥取には森のようちえんがある!」という情報を夫から聞き、試しに体験に行ったときのこと。当時3歳で甘えん坊で泣き虫の長男が、ママから離れて泥んこの山道をガンガン登っていく、ズックのまま川にジャブジャブ入ってとても楽しそう! 見たこともない長男の笑顔とやる気と親離れの変化に驚愕。「この子にはここがいいんだ」という直感から我が子3人を「森のようちえん」に通わせました。

毎日自然の中でのびのびと遊ぶ「自然保育」により、子どもたちは体力がつき熱を出さなくなり、体つきも逞しく運動バランスが良くなりました。一日思いっきり遊んで夜はこてんと寝ます。

そして大人の指示ではなく子どもの自主性に任せる「見守り保育」により、自分のことは自分でやる、自分で考えて行動する、仲間への思いやりやトラブル解決の力をつけていきました。

「子どもの秘めた力に一番気づいていなかったのは自分だった」と親も大きく変わりました。子育ての肩の力がふっと抜けました。

当時鳥取市には毎日型の「森のようちえん」がなかったため、2015年、鳥取市内14か所の自然をフィールドとする「鳥取・森のようちえん・風りんりん」を立ち上げました。将来に生かされる幼児期の自然体験をたくさんのお子さんに知ってほしい、自然の中でキラキラ輝く瞳をたくさん見たい一心で森のようちえんを始めることにしました

2018年4月から5年目を迎え、毎日子どもたちと自然の中で思いっきり遊ぶ風りんりんです。

詳細情報

名称 NPO法人鳥取・森のようちえん・風りんりん
所在地 〒680-1412 鳥取県鳥取市宮谷393-7
代表者 徳本敦子
電話番号 090-5588-6857
FAX番号 0857-77-3907
ページのトップへ