鍋のふたが壊れた!どうする?

クッキングでお味噌汁を作っている最中に事件はおきました!

野菜を切って鍋に入れて、グツグツ。

もうそろそろお味噌を入れようかなぁ~と鍋の持ったその時!

なんと、お味噌汁のお鍋のふたの取っ手が・・・・

とれた!

↓普段はこんな感じで取っ手がついていました。

調理中も取れそうで、いつ取れるか、時間の問題でしたが、とうとう取れました。

・・・このままじゃ、お味噌汁が食べられない。

『これでとれるで!』と火はさみで器用にふたをとるAちゃん。

なるほど!結構簡単に解決したなと私が思っていると、

B君が近づいてきて

『ちょっと噂で聞いたんだけど、アルミホイルをこうやって、こうやって・・・』

と身振り手振りで伝えてくれました。

アルミホイル・・・あるある!アルミホイルがることを伝えると

早速お鍋のふたの取っ手を作ってくれました。

が・・・

アルミホイルが破けてしまい、一回目は作成ならず。

それでもあきらめないBくん。

すかさず修正にはいる。

『アルミホイルがとどかなくて破れちゃったから、ここを・・・』

と前回の反省を分析しつつ、作業をして2回目で鍋の取っ手ができあがり!

持ち上げてみても破けないのを確認し、『できたー!』と一言。

みんなのところへそっと持って行き、

お鍋にセット!

無事に取っ手付きの鍋のふたが出来上がり!

その後、お味噌汁も完成してみんなで頂くことができました。

取っ手が取れてしまったときは、どうやって直そうかと思いましたが、

私が考えるよりも早くAちゃんとB君がアイディアを出して、何もなかったかのようにお味噌汁が完成しました。

柔軟な発想と、行動力に驚かされた出来事でした。

 

あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページのトップへ