親子組さん、1年間ありがとう

今日のブログ担当は、ゆかちゃんです。

ぽかぽか陽気の今日は、渡辺造園さんの里山を久々におさんぽ。

スポンサー広告




今日は体験の方も含め、たくさんの親子組さんにご参加いただき、里山ににぎやかな子どもたちの声が響き渡っていました。

親子組に入ってすぐの頃は、お母さんから離れられなかった小さな子どもたちも、今では、ようちえんの子どもたちに手をひかれ遊んでいます。
近くにお母さんがいてくれる安心感のもと、一歩、また一歩と、興味のあることに夢中になれる姿が、今日はとてもよく見られました。

つくしがたくさん生えていました。
ホトケノザの甘い蜜を吸いました。
小さな白い花がたくさん咲いていました。
春の訪れを、地面から、植物から感じ取っている子どもたち。

そろそろ、虫かごとアミが使いたくなるころ。
春になったから、生き物が出てきてくれるかな。

親子組のみなさんから、「一年間一緒に遊んでくれた、お世話をしてくれた、思い出をたくさんくれた子どもたちへ」と、感謝の気持ちを込めて読み聞かせとメッセージをいただきました。

こちらこそ、親子組の小さな子どもたちとのおさんぽは、風りんりんの子どもたちにとっても、一緒に遊んだり、気にかけたり、お世話をしたりと、楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとう。

その気持ちを込めて、園児からも歌と「一緒におさんぽしてくれて、ありがとう。小学校へ行っても頑張ります!」と自分たちで考えたメッセージを伝えました。

4月からそれぞれ新しい生活が始まりますが、週に一度の親子組、ぜひ今後とも楽しんでいただけたらと思っています。

親子組のみなさん、ありがとう!

あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページのトップへ