お水が足りないクッキング

こんにちは。風りんりんhomeフィールドスタッフのもゆちゃんです。

なんと!2020年度が始まって初めての更新!かなり久しぶりの更新となってしまいましたが、みなさんいかがお過ごしでしたか?風りんりんhomeは新入園児さんを迎え、18名の園児と活動をしています。そして現在は夏休みを迎えています。

初めて新入園児さんを迎えた一期もいろんな行事や出来事がありました。新型コロナウイルスの影響でお誕生日会が予定通りにできなかったり、明治小学校との交流が出来なかったり・・・そこで、この夏休みの間に少しでも一期の様子がご紹介したいと思います。よろしくお願いします。

スポンサー広告




今回はクッキングでの出来事をご紹介!

新型コロナウイルスの影響でいつものクッキングの場所が使えなくなりました。なのでクッキングは悠遊の森で!水道がないので、クッキングに使うお水は子ども達が用意してもっていきます。『水、このくらいかな?』なんてつぶやきながら重いタンクをどうにか積み込んで、前日に準備完了。

子ども達でこんなにきれいに積んでくれます!

クッキング当日は まず荷下ろしから。

荷下ろしを終えるとクッキングスタート!白ご飯・お味噌汁 を作って食べます。毎日自分でしたいことを見つけますが、クッキングの日はお仕事の日。

お米を洗って水を入れて火にかけるお米当番。新聞紙、マッチ、薪などで火をおこす火当番。お野菜を洗って切るお野菜当番。どれかの当番になり昼食づくりをします。

材料のお野菜は子ども達がこどもの手のひらサイズの好きなものを持ってきます。しかし、今日は大きなキャベツを持ってきてくれた子がいたのでお野菜当番は大忙し!この日は野菜当番さんがとても丁寧に?お野菜を洗ってくれました。

お米当番さんもお米を洗おう!と思ったらタンクが何だか軽い!あ!お水がほどんどない!どうにかお米は洗わずに、炊けるだけのお水は残っていました。が、問題はお味噌汁。お味噌汁にはお水が必要。そこでみんなの知恵しぼりタイムスタート!
『川のお水は?』『川のお水は飲めないよ~』『山下さんにもらいにいく?』『それは迷惑になるから!』なかなかいい方法が浮かばない・・・

『あ!野菜炒めならできるかも!』『おぉ~!味付けは?』『コンテナ探してみる!』『何にもなかったよ・・。』『じゃあ水味!』『えー!』『お味噌あるじゃん!』『味噌味の野菜炒めっておいしいの?』なんて会話が飛び交い、みそ炒めとお芋ご飯に決定!無事お昼ご飯が完成しました!

そしてこの日以降、クッキングの準備では水タンク2つに満タンのお水を入れていくようになりました。

さすがです!子ども達は体験からばっちり学んでいました。全てのものを揃えなくても、あるものだけで昼ご飯を作り上げた子ども達。

もしかしたら、完璧じゃないほうが子ども達は大きく成長してくれるのかも!

忘れ物常習犯のもゆちゃんは励まされました。

いつもとは違うクッキングのメニュー!お芋ごはんと野菜炒めとってもおいしかったです。そして、おもしろいことに、偶然にも大きなキャベツを持ってきてくれたおかげで、スタッフもお腹いっぱい食べられる量の野菜炒めができました。ごちそうさまでしたー!!

おすすめ

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です