戦争のない世界を生きてほしい

 ロシアのウクライナ侵攻が始まって3か月を過ぎて、私はこんな平和な鳥取で何も変わらない日常を過ごしている。私にも守るべきものが鳥取にあって、じゃ、お金だけでもと風りんりんでも寄付を募って毎月送金することにした。最初は数家庭がすぐに寄付、ペースは落ちるだろうけどこれは続けていく。今月は2家庭と私で3家庭分。「これ、お願いします。」と少しはにかんで渡してくれる。でもその目には強い意志があって最高にかっこいいと感じる。ウクライナに届けたいのはお金と想いだ。
 今でも続いているむごすぎる現実を思うだけでおかしくなりそうだ。でもおかしくなってる場合ではない。今できることは送金とともに自分の胸に刻むこと、できることをしていくこと、強く思うこと、こんなことが子どもたちの未来におきないよう子どもたちの成長を見守っていくこと。
 戦争のない世界を子どもたちには生きてほしい。

おすすめ

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。