森のようちえん 鳥取

鳥取森のようちえんブログ

おさんぽ会&イベント開催

 

 

締め切り間近のイベント!

 

 

平成30年2月4日(日)雪の中プチクライミングソリ遊び

 

雪が積もった若葉台の里山を親子でゆっくりおさんぽしましょ☆
兎や鹿の足跡があっちこっちに見えるよ。
もしかしたら野兎に会えるかな?

 

去年も若葉台里山で癒しと遊びの旅に連れて行ってくれた
鳥取市の地域おこし協力隊。中国山岳ガイド協会所属の自然ガイドの前田泰さんを講師に迎え

 

プチクライミングやソリ遊び、雪合戦やロープで斜面を登ってプチ冒険を親子で遊ぼう!

 

 

●第回「ママ&パパのパラグライダー体験」(定員15名)

 

 

インストラクターと一緒に砂丘でパラグライダーを体験しませんか?子ども達は、スタッフと一緒に砂丘で遊びます。
お昼は木陰でみんなでお弁当を食べましょう。

 

 

 

集合場所:らくだや(鳥取市福部町湯山2164-449)※パラグライダーは鳥取砂丘で行います。

 

日時:2018年3月10日(土)9:20集合~11:30(昼食後13:30頃解散予定)

 

定員:15名

 

参加費:大人お一人500円

 

持ち物:動きやすい服装や靴、お弁当、飲み物

 

その他:パラグライダー用具一式レンタル無料。初心者の方でも大丈夫です!

 

参加申込締切:2月20日(火)

 

 

参加者募集中!!締め切りまじかです!


イベントの詳細はおさんぽ会にて

 

 

平成30年度 入園説明会の日程

 

30年度の説明会は終了しましたが、個別にも入園のご説明に応じます。
お気軽にお問い合わせください。

 

定員に達した場合はお断りすることもございますので、お早めにご相談ください。体験も随時受け付けております。

森のようちえん風りんりん 入園説明会予約

 

入園説明会予約フォームでのお申し込みがうまくいかない場合、風りんりん代表 徳本敦子までメール(info@furinrin.com)、あるいは090-5588-6857、070-5309-0913のいずれかにお電話いただいても結構です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成29年度新入園児募集中

 

平成29年度入園児募集中


平成29年度 若干名の途中入園が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。定員に達した場合はお断りすることもございますので、お早めにご相談ください。体験も随時受け付けております。

 

 

平成30年度新入園児募集中内容はこちら

 

 

最新情報

風りんりん情報


CATVいなばぴょんぴょんネット放送されました

新春特別番組「住んでよかった♪ いつまでも住み続けたい すごい!鳥取市」の放送が決定
鳥取市長を囲んでの座談会に風りんりん代表あっちゃんも出演しました



NHK全国放送風りんりん登場しました!!


10月11日(水)16:50分~18:10分


NHK総合「ニュース シブ5時」という番組。

全国放送にて風りんりんが放送されました。


鳥取県が「住みたい田舎BEST1」に選ばれたことにより、「なぜ鳥取なのか?」を風りんりんに調査。Iターンで入園された保護者さんとようちえんの様子を取材。
子どもたちが、砂丘の中をおさんぽしたり、、砂の壁を駆け下おりている姿が収録されました。子どもたちのいい顔がいっぱい映っていましたよ☆


出合いの森で行われた「鳥取・森のようちえんフェスタ」の様子が日本海新聞掲載されました。



「鳥取・森のようちえんフェスタ」の様子が動画でも見れますよ~。

http://www.nnn.co.jp/news/170919/20170919041.html

平成29年7月9日、日本海新聞で明治小学校で行われた「PUSH&ういてまて教室」の様子が掲載されました。




朝日新聞のリレーコラム「森のようちえん便り」にあっちゃんが執筆しています!去年から毎週水曜日年間を通じて鳥取県内の森のようちえん5園がリレー方式で写真付きコラムを掲載しています。風りんりんも掲載されていますので是非見て下さい。

和綿植え




卒園キャンプ




2017年3月17日全国農業新聞に掲載されました。






今までの新聞掲載の情報が見たい方はこちら

森のようちえん『風りんりん』

 我が子3人を森のようちえんに通わせ、その変化に驚愕しました。

 

 熱を出さなくなり、体つきもたくましく、自分で考えて決める、行動する、人を思いやる、自主性がメキメキと芽生え『自然』を相手に何時間でも遊ぶようになりました。

 

 大人の指示ではなく、子どもの自主性に任せる『見守り保育』のおかげだと思っています。

 

 子どもの秘めた力に一番気づいていなかったのは自分だったと気付き、わたし自身も変わったと実感しています。将来に活かされるこの幼児期の自然体験をたくさんのお子さんに知ってほしい、自然の中でキラキラ輝く瞳をたくさん見たい一心で、森のようちえんを始めることにしました。

 

 

鳥取・森のようちえん
風りんりん 代表・徳本 敦子